今日は何の日

  1. 今日は何の日
  2. 【1月】祝祭日・記念日 1月6日

1月6日

1月6日の記念日

小寒(6日頃)

小寒(しょうかん)は、二十四節気のひとつ。「冬至」と「大寒」の中間にあたり、この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん)」といい、この日は「寒の入り」ともいう。

色の日

「い(1)ろ(6)」の語呂合わせから。カラーコーディネーター等、色彩に関係する職業の人の記念日とされている。

ケーキの日

1879(明治12)年1月6日に、上野にある風月堂が日本ではじめてケーキの宣伝をしたことが由来となっている。

佐久鯉誕生の日

佐久鯉誕生の日(さくごいたんじょうのひ)は、1746年1月6日に佐久鯉料理最古の記録が残ることにちなんで、株式会社佐久ホテル取締役篠澤明剛によって制定された。

六日年越し

正月七日を七日正月と称し、式日であったところから、正月六日を年越しの日として祝うこと。むいかびの年越しとも呼ばれている。この夜に行われる行事は大晦日に似たものが多く、地方によって柊などトゲのある木の枝を戸口に差したりと、その土地ならではの行事が行われている模様。

スポンサーリンク

1月6日生まれの主な有名人【誕生日】

  • 高橋まこと(ミュージシャン(BOOWY/ドラムス))
  • 中畑清(野球(内野手))
  • Reina(歌手(MAX))
  • 菊地凛子(女優)
  • 亀田大毅(ボクシング、亀田三兄弟の次男)

スポンサーリンク

1月6日にあった主な出来事【歴史】

1月6日にあった主な出来事【歴史】
1968年大相撲初場所の番付発表で、高見山が外国人力士として初めて入幕。
1975年東京競馬場にてハイセイコーの引退式が行われる。
1977年国鉄が「一枚のキップから」キャンペーン開始。
1998年自由党結成。小沢一郎が党首に就任。
2001年中央省庁再編。日本の中央省庁はこれまでの1府22省庁から1府12省庁に再編統合される。

1月6日生まれの星座

  • やぎ座(山羊座)

1月6日の誕生花と花言葉

マンサク

「呪文」「魔力」「霊感」「ひらめき」

1月6日の誕生石

スターガーネット

和名では「柘榴石」と呼ばれる石です。その名前から想像できるように、実ったザクロの種子に似ていることから「実り」を象徴する宝石としても重宝されています。「真実」「情熱」といった意味を持つことから、真っすぐなパワーを感じさせてくれることでしょう。

1月の誕生石

ガーネット

日本においては「ざくろ石」という愛称がつくなど、深く赤い色がイメージされるガーネットですが、実はさまざまな色がありその数なんと40種類以上。色によって違う表情を見せてくれる、そんな魅力を秘めた石です。石を持つことでパワーが漲ってくるなど、頑張る人にぴったりです。

ー 今日は何の日? ー

運営会社お問い合わせプライバシーポリシー

© 2021 今日は何の日 All Rights Reserved.